当社は創業以来一貫して金属加工用切削工具をお客様の生産現場にお届けして参りました。
 当初は単なる穴あけや削りの道具であった切削工具ですが、近年は工作機械とともに生産効率、加工精度を決定する重要なファクターであり手段であると認識され、その役割は誠に大きなものとなっております。工作機械が期待通りの機能を十分に発揮するか否かは切削工具の精度と寿命が大きく左右し、“工具の善し悪しが工作機械や生産現場の稼働率および生産効率を決める”と言っても過言ではないからです。
 さらに、21世紀は“量より質の時代”とも言われ、「多品種少量生産における最適製造方案」が追究されて行くと、ここにおいても工具の性能が問われるのは明白であります。
 そうした事を充分に認識し、”良い工具はお客様の生産現場から生まれる”との信念のもと、お客様の現場での最適工具の開発から、創業以来半世紀の経験から生まれた独自の製造技術と最新技術、最新設備を駆使した製造体制まで更なる充実をはかるべく、これからも研鑚して参ります。
 何卒、今後とも変らぬご支援、ご指導を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

代表取締役社長 川野辺 俊彦
Toshihiko Kawanobe,CEO